運動器エコーを用いた診察と治療

運動器エコーを用いた診察と治療

運動器エコーを用いた診察と治療について

運動器エコーを用いた診察と治療を行なっています。
レントゲンでは分からない、肩関節・足関節などの靭帯損傷の診断や神経ブロック、筋膜リリース、関節内注射、トリガーポイント注射、関節リウマチの早期診断などを行います。

運動器エコーによる主な診断・治療について

◆靭帯損傷(肩関節・足関節)

当院では、肩関節、足関節などの靭帯損傷の診断に運動器エコーを用いております。
靭帯のどの部分が損傷しているか、どれくらいの症状あるかなどをエコーにより診断します。強い痛みが出ている方や原因不明な場合にも有効な検査です。見た目は問題がなくても靭帯の奥深くの部分に対してダメージが残っている事があります。 そうした奥深くの症状を的確に判断することが可能となります。

◆神経ブロック

神経ブロックとは、麻酔薬や生理食塩水を注射し痛みを緩和させる治療法です。
神経ブロックには主に「頸部神経根ブロック」「腰部神経根ブロック」「坐骨神経ブロック」「腰部硬膜外ブロック」などがあります。
当院では運動器エコーガイドの下により安全かつ正確に神経ブロック治療を行っています。

◆筋膜リリース

筋膜リリースとは、筋肉を包み込んでいる筋膜の委縮・癒着を引き剥がすことで正常な状態に戻し痛みを消す方法です。
当院では運動器エコーにより、この筋膜リリースを行い、肩の痛み(慢性)や急性のぎっくり腰(腰痛)、仙腸関節周囲炎、坐骨神経痛などの原因がわからない痛みを積極的に治療し、効果を上げています。
今まではマッサージや電気治療などで効果のなかった方にもおすすめの治療法です。生理食塩水を用いますので安全性にも優れています。

◆関節内注射・トリガーポイント注射

関節内注射・トリガーポイント注射とは、痛くて縮んだまま伸びなくなった筋肉(筋肉がロックした状態)に対する治療で、筋肉に局所麻酔を注入します。これまでの関節内注射・トリガーポイント注射は骨のランドマークから注射する場所を判断して経験的に注射を行っていました。
当院では、運動器エコーを使うことでより正確に痛みも少なく関節内や病変部へ注射が可能となりました。このため以前よりさらに効果も上がります。

◆関節リウマチ

関節リウマチになると、一生治らないのではないかと心配する人が多いようですが、最近になり完治できる治療法も選択されてきています。しかし、完治するためには早期に関節リウマチを診断する必要があります。
この早期診断のためには関節の初期の変化をとらえる必要があります。当院では運動器エコーにより、早期のリウマチ判断および治療を行っています。

医療法人社団洋優会 辰尾整形外科クリニック 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科