再生医療

再生医療とは

人間の身体には「再生するちから」が、もともと備わっています。
再生医療とは、病気やけがなどによって失われた機能を、自分自身の組織や細胞が持つ「再生するちから」を活用して元に戻すことを目指す医療のことです。

PRP-FD注射

PRP-FD注射では、患者様ご自身の血小板を血液から抽出して注射します。
PRP-FDとは自然治癒を促す血小板を高濃度に濃縮したもので、とても豊かな成長因子を含んでいます。

PRP療法(多血小板血漿)はこの成長因子に含まれる特性を活用して、人体に備わっている治癒能力を高めることで、痛みの軽減、早期の治癒効果を促します。

ずっと付き合っていくしかないと思われていた肩・ひざの痛みに対する効力も認められているうえに、患者様ご自身の血中にあった成分を戻す方法の為、リスク(副作用など)もあまり無いのが特筆すべき点と言えます。

対象疾患

  • 膝関節疾患(変形性膝関節症、半月板損傷など)
  • 股関節疾患(変形性股関節症、関節唇損傷など)
  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • 靭帯損傷(肘、膝、足など)
  • 腱鞘炎、腱板炎
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱炎
  • 肉離れ(筋断裂)

PRP注射に含まれる成分と効能

細胞・組織の修復やコラーゲンの生成

◆TGF-β

細胞・組織の修復やコラーゲンの生成

◆bFGF/EGF

軟骨細胞、骨芽細胞を増加する力。骨や血管の再構築促進

◆CTGF

軟骨の修復・線維化や、血小板の付着による優位な状態を生み出す力

予約から治療までの流れ

◆PRP外来予約

当院では安全でより良い再生医療をご提供するため、完全予約制となっています。毎週木曜日の14時30分から17時30分となっております。電話または当院の受付にて、診察希望の日時をご連絡ください。

診察

まず、症状の程度や病歴およびこれまでの治療経過も含めた問診を行います。 次に、レントゲンとの画像検査を受けて頂き、診察させて頂きます。 ただし、3ヶ月以内のレントゲン持参、又は当クリニックにて3ヶ月以内にレントゲンを撮影している場合にはレントゲンの撮影は不要です。 その結果、当院での再生医療が適しているかどうかを判断させて頂き採血を行います

採血

患者さんご自身の血液を約50ml採取し、細胞加工センターに送ります。基本的には、通常の血液検査と変わりありません。フリーズドライ方式で加工され、約3週間後に当院に返送されます。

治療費

再生医療は最新の治療法であるため、医療保険の適応外(自由診療)です。 治療当日に薬の処方や検査などの保険診療はできませんので、予めご了承ください。

診察料(初診相談料8,000円、再診相談料3,000円、レントゲン2,000円)+PRP-FD作成費150,000円 上記すべて税込みです。 採血後、自己都合による中止の場合に返金できませんのでご了承ください。

注意点
  • PRP-FDは感染症検査(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-I)で陰性の方のみ提供が可能です。血液検査の結果、加工作業ができないとなった場合にはPRP-FD作成費150,000円のうち135,000円を返金いたします。領収書を持参ください。
  • 悪性腫瘍を患っている方はお受けいただけません。
  • 保存期間(6ヶ月を)過ぎた場合は破棄させていただきます。

医療法人社団洋優会 辰尾整形外科クリニック 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科