整形外科

整形外科について

皆様の整形外科「かかりつけ医」です

整形外科では、主に骨・関節・筋肉・神経など、運動器系の疾患を診療します。
具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などを扱います。
当院では、乳幼児から成人、ご高齢者まで、あらゆる年齢層の患者様の診療をいたします。
地域の皆様の整形外科「かかりつけ医」でありたいと考えておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

こうした症状はご相談ください

  • 首、肩、腕、肘、手の痛み
  • ばね指(弾発指)、突き指
  • 背中、腰、股関節、脚、膝、足の痛み
  • 肩こり、首こり
  • むち打ち症
  • 手や足などのしびれ、こわばり
  • 骨折、打撲、脱臼、ねんざ
  • 各種外傷(切り傷、すり傷、やけど、床ずれ等)
  • スポーツによるけが、運動中の体幹(胸部、腹部、腰部、背部)や手足の痛み など

症状別にみる整形外科の代表的な疾患(対象疾患)

よく見られる症状 考えられる主な疾患
首の痛み 肩のこり 頸椎症、頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群
肩の痛み 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、腱板損傷
腰の痛み 腰椎捻挫(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛
足の痛み 足底筋膜炎、有痛性扁平足
足指の痛み 痛風、外反母趾
肘の痛み 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
手・手首の痛み 関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
指の痛み 突き指、デュピュイトレン拘縮、ばね指(弾発指)、ヘバーデン結節
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)

交通事故に遭われた方に

当院では、いわゆる「むち打ち症」(外傷性頸部症候群)や骨折、打撲をはじめ、交通事故に伴う様々な外傷や痛み、体の不調などの検査・治療を行います。 事故直後には症状らしきものが見られなくても、実際には何らかの損傷を受けているケースが少なくありません。また、症状が慢性化する恐れもありますので、交通事故に遭われた際は、自覚症状が軽かったり、痛みが無かったりするようでも、一度は専門の医療機関を受診されることをお勧めします。

腰痛について

腰痛は、ヒトが二本の足で立つようになってから発症しやすくなったと考えられており(二本足だと、垂直方向に体重がかかるため、上半身を支える腰には特に負担がかかりやすい)、人類の宿命的な疾患とさえ言われます。全人口の2~3人に1人は、生涯に一度は腰痛に悩まされ、たいへん患者数の多い疾患です。
多くは一過性の腰痛ですが、急性腰痛(ぎっくり腰)を繰り返す人や、慢性的な腰痛に悩まされる人も少なくありません。
このように腰痛を起こしやすい人には、姿勢の悪さや、体幹や下半身の筋肉バランスの問題が関わっているケースが多いものです。
具体的には、

  • 腹筋や背筋の力が低下している
  • 背筋や下半身の筋肉の柔軟性が下がっている
  • 腰のそりが強くなっている
  • 腰を伸ばす筋肉の力が低下し、腰が曲がっている

――などがよく見受けられます。
こうした姿勢の悪さや筋肉のアンバランス、筋力の低下を改善するには「腰痛体操」が効果的です(※腰痛の種類や病期によっては、体操を行うとかえって悪化する場合があります)。
当院では、個々の患者様に最も適した腰痛体操をご指導いたしますので、お気軽にご相談ください。

◆腰痛の薬物療法

腰痛は日頃のちょっとした注意や、腰痛体操などを行うことによって予防したり、また悪化を防いだりすることが可能です。
しかし、症状がひどい時や、日常生活に支障をきたしているような場合には、薬物療法を行います。薬物には、飲み薬、貼り薬、塗り薬などがありますが、医師から処方された薬は指示通りに用いて、早く腰痛を治しましょう。

医療法人社団洋優会 辰尾整形外科クリニック 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科