スポーツでの外傷・障害

スポーツでの外傷・障害について

スポーツによるけがの治療

スポーツで負ったけが(スポーツ外傷・障害)の治療は、一般の整形外科で行われる治療とは少々異なる部分があって、特殊です。
そのため、この分野に関して経験豊富なスポーツ整形外科の専門医にお任せいただくほうが安心ですし、治療効果も上がりやすくなります。

スポーツや部活動などでけがをなさったような場合は、お気軽にご相談ください。

以下に、代表的なスポーツ外傷・障害について説明します。

主なスポーツ外傷

スポーツ中に生じた、外力による組織の損傷

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ など

主なスポーツ障害

同じ動作の繰り返し(使い過ぎ)によって起こる障害

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • テニスレッグ
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折 など

スポーツによるけがの予防法

下記の内容を参考に、スポーツによるけがを未然に防いでください。

◆ウォーミングアップ

運動前にウォーミングアップをしっかりと行うことによって、関節や筋肉の柔軟性が高まり、けがをしにくくなります。

◆正しいフォーム

間違ったフォームでスポーツを行うと、筋肉や骨に無理な力がかかって、けがをしやすくなります。正しいフォームを身につけ、体に無理をさせないようにしましょう。
運動前にウォーミングアップをしっかりと行うことによって、関節や筋肉の柔軟性が高まり、けがをしにくくなります。

◆水分の補給

スポーツをすると、体温を下げようとして汗をかくので、体内の水分が不足します。すると、 集中力が低下して、けがをしやすくなります。運動前や運動中には、水分をきちんと補給しましょう。
運動前にウォーミングアップをしっかりと行うことによって、関節や筋肉の柔軟性が高まり、けがをしにくくなります。

◆オーバートレーニングを避ける

オーバートレーニング(運動の行い過ぎ)は、かえってトレーニング効果を下げるだけでなく、疲労骨折などの原因にもなります。運動の前後、あるいは運動中に苦痛を感じたり、体に力が入らなくなったような時には、運動強度を軽くしたり、休んだりするようにしましょう。
運動前にウォーミングアップをしっかりと行うことによって、関節や筋肉の柔軟性が高まり、けがをしにくくなります。

医療法人社団洋優会 辰尾整形外科クリニック 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科